【スコッチグレインをネットで購入】サイズ感と購入方法を解説

【スコッチグレインをネットで購入】サイズ感と購入方法を解説

日本の革靴ブランドではリーガルと並んで有名なスコッチグレイン 。

品質が良く丈夫な革靴が2万円台から購入することができるので、コストパフォーマンスが良いことでも有名です。

なので、革靴初心者の最初の仕事用の革靴として、めちゃめちゃおすすめのブランドです。

地方在住のサラリーマン
地方在住のサラリーマン

地方に住んでいて店舗が近くにないから買えないよ。コロナ禍だからわざわざ靴を買いに東京まで行けないし…。

そういう方には、ネット通販がおすすめです。

スコッチグレインは、公式オンラインショップのほか、楽天市場やAmazonでも購入することができます。

私は、スコッチグレインの革靴を4足ほどネットで購入しましたので、なるべく失敗しないで購入する方法を、私の経験談を踏まえながらお伝えしたいと思います。

靴をネットで買うデメリット

革靴に限らず、靴をネットで購入することの一番のデメリットは、試着してサイズ感の確認ができないことです。

特に革靴の場合は、ライニング(靴の中の素材)にクッション性がないので、サイズが合わないとすぐ靴ずれになりますし、履き心地は最悪です。

いくらコスパが良いスコッチグレインの靴でも2〜3万円はしますので、平均的なサラリーマンにとって失敗したときのダメージは大きいですよね。

私が初めてスコッチグレインの靴をネットで購入するときは、自分の足の長さをなんとなく計測をして、ネットでサイズ感をなんとなくリサーチして、サイズを選びました。

購入ボタンをポチッとするとき、かなりドキドキした記憶があります…。

暗い部屋でパソコンを使う男性のイラスト
このサイズでいいのか?これでいけるのか?
ちょっとしたギャンブルだなこりゃ…。

まあなんとか運良く?自分にとってちょうど良いサイズの靴を購入できたわけですが、革靴をネットで買うのはなかなかハードルが高いなあと思いました。

革靴とスニーカーのサイズ表記の違いを知ろう

革靴のサイズ表記についてですがスニーカーと本格革靴のサイズ表記は全く違います。

スニーカーのつもりで本格革靴を買おうとすると失敗してしまいます。

スニーカーのサイズ表記

スニーカーの場合は、メーカーやブランドによって多少違いますが、基本的には、木型の大きさや実際のインソールの長さでサイズ表記されています。

例えば、私が履いているアディダスのスニーカーですが、サイズ表記27cmで、インソールの長さも約27cmでした。

アディダスのスニーカーのインソールサイズ

ちなみに、私の足長(足の一番長い指からかかとまでの長さ)は、靴下を履いて26cmぐらいです。

このスニーカの場合は、履いたときのつま先の空間(捨て寸といいます)を含めた、実際の靴の中の長さがサイズとして表記されています。

革靴のサイズ表記(日本製)

一方で、革靴ですが、スコッチグレインやリーガルのような日本の革靴のサイズ表記は、その靴を履く人の足のサイズが基準となる「足入れサイズ」になっています。

なので、革靴のサイズ表記は、スニーカーのように実際の靴の中の長さではなく、履く人の足長を「想定」して表記していることになります。

※外国製の革靴のサイズ表記(イギリスやアメリカサイズ)の場合は、かかとから土踏まずまでの長さが出てきたりして、もう少し複雑になります。

ネットショップなどの革靴(例えばリーガルとか)のレビューでよく見かけるのが、「リーガルは大きく作られているのでワンサイズ小さめを買ったほうが良い」というように本格革靴は大きめに作られているという感想です。

これは、靴のサイズ表記が違うだけなので、リーガルなど日本の本格革靴が特別大きめに作られているというわけではありません。

というわけで、革靴のサイズも測ってみましょう。

スニーカーのようにインソールの取り外しはできないので、メジャーの端を中指に付けて、手を靴の中に入れてみます。

サイズ計測
メジャーの端を中指につけて靴を測ってみます。
スコッチグレインのシャインオアレインのサイズ
指先をつま先まで突っ込んで、かかとまでの長さを測ります。

私が愛用している、スコッチグレインのシャインオアレインⅣ(サイズ表記25.5cm)のつま先から、かかとまでのサイズを測ってみると、多少の誤差はあるかもしれませんが、約29cmでした。

サイズ表記は25.5cmで、実寸は29cmです。

私の足長は26cmぐらいなので、捨て寸が3cmぐらい設けられていることになります。

シャインオアレインⅣは、シングルEの比較的ロングノーズタイプなので、捨て寸が大きめになっているようです。

革靴はスニーカーより捨て寸が設けられています。

自分の足を測ってみよう

既製品を購入するので、基本的には「足長」と「足囲」の2箇所を測ります。

スニーカーのように靴の中にクッション性がある場合は、靴の「サイズ表記」と自分の「足長(足の縦の長さ)」だけを確認してサイズを選ぶのが一般的です。

ただ、革靴の場合は靴と足の横幅のフィット感が重要になってくるため、「足囲(足の横幅の一番大きい部分の周囲)」と靴の「横幅(ウィズ)」のサイズを合わせる必要があります。
※なお、靴の横幅のことはウィズやワイズと表現しますので、ここでは「ウィズ」に統一して表現します。

足長 → かかとの後端から最も長い足指の前端までの長さ
足囲 → 足の親指の付け根の一番出ているところと、小指の付け根の一番出ているところを結んで一周した長さ

足の足長と周囲
画像引用:スコッチグレインオフィシャルオンラインストア

「足長」の測り方

A4の用紙の真ん中に線を引き、壁に付けてその上に足を乗せます。

かかとをまっすぐ壁に付けて、一番長い指のところに印を付けます。

用紙の一番下から印までの長さを測ります。

足のサイズを測る
足の足長と周囲
画像引用:スコッチグレインオフィシャルオンラインストア

「足囲」の測り方

メジャーを使って、足の親指の付け根の一番出ているところと、小指の付け根の一番出ているところを一周させて長さを測ります。

足のサイズを測る

ZOZOMATを使う

今はもっと便利なものがあって、ZOZOMATを使えば簡単に足のサイズを測ってくれます。

ZOZOMATの申込みはこちら

画像引用:ZOZOTOWN

ZOZOTOWNのサイトからログインして、ZOZOMATの注文すると、以前流行ったZOZOスーツの足バージョンが送られてきます。

スマホにアプリをダウンロードして、あとはアプリの指示にしたがって足をマットに乗せて写真を撮るだけです。

試しにZOZOMATを使って、足を測ってみました。

ZOZOMAT

裸足になって、マットの上に足を置いて、アプリの音声に従い写真を撮っていきます。

その結果がこちら↓

自分で測ったときより少し小さいですが、まあ誤差の範囲内かなと思います。たぶんこっちの方が正確です。

最初にこれがあれば良かったな…。

ZOZOTOWNには、スコッチグレインの靴は売っていないので、同じ日本製でサイズ感が似ているリーガルでサイズを確認してみたところ、25.5cmの相性度が一番良いと出ました。

25.5cmの相性度が91%と一番高くなっています。

私はリーガルも持っていて、スコッチグレインと同じ25.5cmを履いていますので、ZOZOMATの計測はある程度、信頼できるのではないでしょうか。

※リーガルといっても木型は様々ですので、「一概に言えないだろ」という意見もあるかもしれませんが、あくまで足の実寸とサイズ感のお話ですのでご了承くださいませ。

スコッチグレインのサイズを確認してみる

自分の足のサイズが分かったら、スコッチグレインのオンラインストアにある「スコッチグレインのサイズ表記」を確認しましょう。

なお、ウィズ(靴の横幅)は、アルファベットで表記します。

ウィズが細い(小さい)方から、E(シングルE)、EE(2E)、EEE(3E)、EEEE(4E)に分類されています。

※日本で売っている既製品の革靴は、E〜EEEで展開されるのが一般的です。

スコッチグレインのサイズ表記

長(cm)EEEEEEEEEE
23.5cm~22.5~~23.0~~23.5~~24.0~
24.0cm~23.0~~23.5~~24.0~~24.5~
24.5cm~23.5~~24.0~~24.5~~25.0~
25.0cm~24.0~~24.5~~25.0~~25.5~
25.5cm~24.5~~25.0~~25.5~~26.0~
26.0cm~25.0~~25.5~~26.0~~26.5~
26.5cm~25.5~~26.0~~26.5~~27.0~
27.0cm~26.0~~26.5~~27.0~~27.5~
引用:スコッチグレインオフィシャルオンラインストア

私の場合、ZOZOMATで計測したサイズは、

  • 足長:左 25.9 右 25.8
  • 足囲:左 25.1 右 25.3

スコッチグレインのサイズ表に当てはめると、「25.5cmのEE」、「25.5cmのEEE」、「26.0cmのE」、「26.0cmのEE」のあたりが良いということになります。

ただ、私が実際に購入してちょうど良いと感じたのは、「25.5cmのE」です。

グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールが自分の足型に沈み込むので、あえて多少キツめのサイズを購入したこともありますが、この表は、購入時点でジャストサイズになるような表記になっているのではないでしょうか。

スコッチグレインシャインオアレインのエイジング感

上の画像は、初めて買ったスコッチグレインの靴(シャインオアレインⅣ・シングルEの25.5cm)で、購入して2年ぐらいの状態です。

最初はキツめで羽根も2cmぐらい開いていましたが、購入して1年ぐらいで羽根も閉じてきてちょうど良い感じになりました。

思うに、革靴を購入した方の苦情で多いのは、「勧められて買ったのにキツくて履けない」ということらしいのです(ネット調べですが)。

そのため、最初はタイトな履き心地になるかもしれませんが、革の伸びやインソールの沈み込みを計算して、足長、足囲(ウィズ)とも表のマイナス0.5cmぐらいを購入するのがおすすめです。

ただ、あまり小さすぎると履くことができなくなるので、最初からジャストフィットでよいという方は表のとおりのサイズを購入すれば良いと思います。

公式サイトにもサイズの選び方の記載がありましたので、ご覧ください。
こちら→スコッチグレインのサイズ表記

リーガルを試着して確認してみる(裏技)

この方法は、いかがなものかとも思いますが、スコッチグレインもリーガルも日本製でサイズ感が似ていますので、リーガルのサイズ感で確認する方法です。

特に「リーガル811R」シリーズは、足長がスコッチグレインのシャインオアレインⅣ(シングルE)とほぼ同じ長さでした。

ウィズはEEなので、足囲はスコッチグレインのEとEEEの中間の大きさという感じです。

リーガル811RBBP7のサイズ

私が持っているリーガル811RBBPの足長を測ったところ、シャインオアレインⅣと同じ約29cmでした。

シャインオアレインとリーガル811RBBP

右がシャインオアレインⅣ、左がリーガル811RBBPです。
長さはほぼ同じで、幅はシングルEのシャインオアレインが少し細い感じです。

シャインオアレインⅣがEで、リーガルがEEなので、足長は一緒ですが、リーガルの方がシャインオアレインに比べて横幅がゆるいです。羽根も閉じきっても少し足が動く感じがします。

「リーガル811R」シリーズは、リーガル専門店だけでなく、靴の量販店や、イ◯ー◯ーカ堂、イ◯ンモールなどのデパートの靴売り場でもよく見かけます。

なので、身近に確認できるこの靴を試着してみて、サイズ感の最終確認をするという作戦もありかなと思います。

試着する際は、履きジワや汚れなど付けないよう丁寧に扱いましょう。

※リーガル811Rシリーズも、とても良い靴なので、試着して自分の足にフィットするようならそれを購入しても良いと思います。

スコッチグレインの革靴を購入できるサイトのご紹介

オフィシャルオンラインストア

スコッチグレイン公式通販サイトです。

スコッチグレインの正規品は、ほぼ全種類購入することができます。

スコッチグレインのオフィシャルメンバーに登録すると、様々なサービス特典を受けることができるほか、靴を購入すると1,000円ごと10%のポイントがもらえます。

ポイントは、次回購入時に1ポイント1円分として実店舗やオンラインストアで使えるので、続けて購入するときはお得です。

ただ、ポイントは1年で失効するので、毎年靴を買わないと失効してしまいます…。

スコッチグレインオフィシャルオンラインストアはこちら

オンラインアウトレットストア

スコッチグレインのアウトレット品を購入することができます。

スコッチグレインの靴は、通常のグレードであれば3万円~5万円ぐらいですが、アウトレットストアでは、1万円後半ぐらいから購入することができます。

アウトレットと言ってもグッドイヤーウェルテッド製法で、革質もそこまで変わりませんので、スコッチグレイン初心者の方が購入するにはちょうど良いのではないでしょうか。

ただし、オフィシャルメンバーのポイントの付与も使用もできないほか、購入後のサイズ交換や返品もできないので注意が必要です。

スコッチグレインオンラインアウトレットストアはこちら

スコッチグレイン楽天市場店

スコッチグレインの公式ショップが出店しています。

公式ストアのように全種類が販売されている訳ではありませんが、シャインオアレインやオデッサなど、主な人気商品は販売されています。

楽天ポイントが付くので、楽天経済圏の方はこちらで購入したほうがお得です。ポイントも失効しませんし…。

スコッチグレイン楽天市場店はこちら

Amazon

スコッチグレインはアマゾンでも購入できます。

ただ、アマゾン限定商品なので、型番や商品の種類が正規品とは少し違います。

正規品とどう違うのか、同等品がどれなのかは、ちょと確認できませんでした。

Amazonで購入はこちら

スコッチグレインの革靴のおすすめは?

スコッチグレインの革靴はどんなものがあるでしょう。

私が購入したのスコッチグレインの革靴のレビューですので、よかったら参考にしてください。

【あわせて読みたい】

雨用の本格革靴はシャインオアレインがおすすめです↓

シャインオアレインⅣ2776(黒のストレートチップ)のレビューはこちら↓

シャインオアレインⅣ2773BR(ブラウンの外羽根クォーターブローグ)のレビューはこちら↓

アウトレット(黒のストレートチップ)のレビューはこちら↓

アウトレット(ブラウンのパンチドキャップトゥ)のレビューはこちら↓

購入後サイズが合わなかったら

ちゃんと足のサイズを測って購入したとしても、しっくりこないとか、キツすぎて履けないとか、サイズが合わなかったなということはあると思います。

そんなときに、サイズ交換や返品ができるかどうかが重要になります。

オフィシャルオンラインストア、楽天市場店の場合

返品・交換の条件(サイズ違いの場合)

  • 返品・交換は、商品到着後7日以内にメールか電話で連絡する
  • お店と相談の上、適切なサイズのものと交換する。
    ※ただし、室外で履かれた形跡のあるもの、また室内外に関わらず靴底・ヒール・甲革へのダメージ、試着による裏革・中底への汗ジミ等、破損・汚損・不備等が生じたものは返品、交換を受け付けられない。
    ※返送の際は、届いた状態で梱包しお送り返す。
    ※返送の送料は購入者負担。
    ※商品到着後7日以内に返送する。
  • 交換商品が売り切れの場合のみ、返金対応になる。

詳細はこちら↓
オフィシャルオンラインストアのご利用ガイド

楽天市場店ご利用ガイド

オンラインアウトレットストアの場合

商品に欠陥がある場合を除き、返品・交換はできないです。

詳細はこちら↓

オンラインアウトレットストア「特定商取引法に関する表記」

Amazonの場合

商品到着後30日以内であれば、返品も交換もできます。

返品の場合は商品代金(税込)及び国内返送料が返金されます。

詳細はこちら↓

Amazon返品手順

オフィシャルオンラインストア、楽天市場店、アマゾンは、条件次第で交換が可能ですが、アウトレットストアは交換・返品ができないので注意が必要です。

スコッチグレインを初めて購入する場合は、まずは正規品を購入して、自分のサイズが分かったらアウトレットも候補に入れるといった方法が良いかもしれません。

スコッチグレインの革靴をネットで買う方法のまとめ

実店舗が近くになくて、それでもスコッチグレインの靴がほしいんだと言う方へ、ネットで買う際のサイズ感等の参考になれば思い、記事をかかせていただきました。

購入してみて、ちょうど良いサイズさえ分かってしまえば、スコッチグレインに限らず、革靴をネットで買うことは、あまり怖くありません。

このご時世、サラリーマンは大変ですが、自分の好きな革靴をバシっと履いて、頑張っていきましょう!