【シューキーパーを入れるタイミング問題を考察】靴の変形防止を優先?湿気除去を優先?

【シューキーパーを入れるタイミング問題を考察】靴の変形防止を優先?湿気除去を優先?

革靴の形状を保ち、履きジワからの反り返りを防ぐためのシューケア用品であるシューキーパー(シューツリー)。革靴の変形を防ぐため必ず持っておきたい靴用のケア用品です。

革靴の必需品であるシューキーパーですが、靴に入れるタイミングについて、

  • 靴を脱いだらすぐ入れる派
  • 靴の中の湿気を取ってから入れる派

主に2つの意見があり、専門家の間でも分かれているます。

革靴の専門家の中でも意見が分かれるシューキーパーを使うタイミング問題を、毎日、仕事で革靴を履いているサラリーマンの立場から、普段履きの革靴はどうすればよいか考えてみました。

少しマニアックな話かもしれませんが、参考にしていただければと思います。

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年の私が解説します。

  • 日本皮革製品メンテナンス協会『靴磨き知識アドバイザー』
  • サラリーマンの立場から仕事で履く革靴やお手入れのことなどを発信しています。プロフィールはこちら

シューキーパー(シューツリー)の役割

シューキーパー(シューツリー)

人間は一日靴を履くとコップ1杯分の汗をかくと言われていますが、革靴を履いた後に靴の中に溜まった湿気(汗)が蒸発する際に、靴が履きジワから靴が反り返ってきます。

反り返るのを何もせずそのままにしていると、履きジワからひび割れが生じやすくなります

それに反り返った靴は普通に見た目もカッコ悪いですよね。

シューキーパーは、革靴を購入したときに必ず揃えたいシューケア用品の1つです。

ちょっと補足
シダーやブナ、ライムなどの木材を使ったシューキーパーは、シューツリーともいいます。

【あわせて読みたい】

>>革靴を購入したらとりあえず揃えたいお手入れ道具を解説しました。

シューキーパーを入れるタイミング(専門家の意見など)

シューキーパー(シューツリー)

シューキーパー(シューツリー)を靴に入れるタイミングについて、「靴を脱いだらすぐ入れる派」「靴の中の湿気を取ってから入れる派」それぞれの考え方や理由をみてみたいと思います。

脱いですぐ入れる派の意見

日高 竜介 氏(日本を代表する靴店「WFG」のマーチャンダイザー)

「ツリー装着は帰宅後の儀式。革がもっとも変形するのは汗が蒸発するときであり、それを防ぐためです。」

日高竜介氏 談『MEN’SEX特別編 最高級靴読本(究極メンテナンス編)』46頁(世界文化社,2017.6)

くすみ 氏(革靴ジャーナリスト)

要するに、何を優先するのかという話ですね。…(中略)…個人的には帰宅後、すぐにシューツリーを入れて形を保つという方法をおすすめしています。

くすみ氏のブログ「革靴ジャーナル.」(シューキーパーの使い方や入れるタイミングを徹底解説!)

脱いですぐ入れる派の意見をまとめると

  • 革が一番変形するのは汗が蒸発するときなので、乾燥が始まる前にすぐ入れるべき
  • 湿気に対して神経質になる必要はない
  • 後から入れよう思っても忘れてしまうおそれがある

脱いですぐ入れる派は、主に靴の変形を防ぐことを優先しています。

湿気を取ってから入れる派の意見

飯野 高広 氏(服飾ジャーナリスト)

アッパーの形状を保持し、アウトソールの不必要な反り上がりをもとに戻すのがシューキーパーの役割です。…(中略)…帰宅した後は、あえてシューキーパーを入れず靴の中の湿気を自然放出させる。

飯野高広 著『紳士靴を嗜む』164頁 (朝日新聞出版,2010.6)

松室 真一郎 氏(マエストロ代表 ビスポークシューシャイナー)

ツリーは翌朝、ある程度汗が蒸発した段階で入れます。そもそも洗濯物は風に当てて乾かしますよね。木じゃ乾きません。

松室真一郎氏談『MEN’SEX特別編 最高級靴読本(究極メンテナンス編)』19頁 (世界文社,2017.6)

長谷川 裕也 氏(ブリフトアッシュ代表 靴磨き職人)

靴の型崩れや履きじわを防ぐのにはもちろん、靴磨きの際にも必ず使いたいのがシューツリー。…(中略)…1日履いた靴は、ひと晩乾燥させてからシューツリーを入れて保管する。

長谷川裕也 著『続・靴磨きの本』32頁(亜紀書房,2020.10)

丸谷 誠 氏(ボールワークス代表)

脱いだ靴にすぐ入れるのはやっぱりダメです。そもそもボクはシューキーパーに除湿や脱臭を全く期待していない。

丸谷誠氏談『MEN’SEX特別編 最高級靴読本(究極メンテナンス編)』32頁 (世界文社,2017.6)

湿気を取ってから入れる派の意見をまとめると

  • シューキーパーをすぐ入れると湿気を閉じ込めてしまう
  • 木では湿気を吸収できない

湿気を取ってから入れる派は、湿気を取り除くことを優先しています。

一般の方の意見

thyme(たいむ)さんがツイッターでアンケートを取ってブログで紹介されていましたので、その結果を引用させていただきます。

1位 帰ってきたらすぐ入れる 49.6%
2位 数時間あけて入れる 33%
3位 1日以上あけて入れる 12.6%

thyme(たいむ)さんのブログ「革靴は男の顔である」(【革靴】シューツリーはいつ入れるべきか?【おすすめも紹介】)

多数派である「すぐ入れる」理由としては、「変なシワがつくのを避けたいから」「忘れないうちに入れておきたいから」ということでした。

専門家の意見を踏まえて考察(私はすぐ入れる派に一票)

専門家の意見としては(今回紹介した方以外の意見も含め)、「湿気を取ってから入れる」という方が多い印象です。一方で一般の方は「すぐ入れる」方が多いようです。

ここまできて身も蓋もないですが、どちらが正しい、正しくないということはなく、何を優先するかが問題だと思います。

【何を優先するか】

脱いだらすぐ入れる派
湿気を取ってから入れる派
  • とにかく靴の変形を防止したい!
  • 湿気はそこまで気にしなくてOK
  • 湿気は革靴の大敵!
  • 靴の変形防止は湿気を取ってからでOK

基本的には「脱いだらすぐ入れる」をおすすめします

普段から3足程度をローテーションしているサラリーマンとしては、まずは脱いだらすぐ入れることをおすすめしたいです。

理由としては、

結局、入れるのを忘れるから!

これにつきます……。

履いた靴にシューキーパーを「入れない」ということが一番ダメので、あとから入れようと思って結局入れ忘れるぐらいなら、「脱いだらすぐ入れる」を習慣化するのが一番です。

ただし、使い分けも必要

基本的には、「脱いだらすぐ入れる」ことをおすすめしますが、それが絶対ではなく「靴の湿気の状況によって使い分ける」ことも必要です。

まず、真夏に1日中動き回ったりすると、コップ1杯では済まないほど汗をかく場合があります。

それにガラスレザー(加工した革)やキャンパスライニング(内側が布)など吸湿性が低い靴は、湿気がかなり残りやすいです。

リーガル811RBBPのライニング
キャンパスライニング※この靴は奥半分が布になっています

汗が多く出た場合や、湿気が放出しにくい靴の場合、翌日もまだ湿気が残っています↓

汗で濡れたシューキーパー-jpg
少し分かりづらいですが、シューキーパーの先が濡れています

私はこのような場合、履き終わりにシューキーパーではなく珪藻土(けいそうど)などの「靴用の湿気吸収剤」を入れ、翌日にシューキーパーを入れるようにしています。

珪藻土の湿気吸収剤-jpg
珪藻土の消臭乾燥剤をいれた靴-jpg
汗が多い日などは靴の湿気吸収用の珪藻土(けいそうど)を入れます
脱いだらすぐ入れる場合
湿気と取ってから入れる場合
  • 通常時(銀付き革やレザーライニングの革靴を履いたとき)
  • 真夏日などいつもより汗を多くかいた場合
  • ガラスレザーやキャンパスライニングなど湿気が外に出にくい靴を履いたとき
  • 雨などで濡れてしまったとき

基本的には脱いだら入れるで大丈夫ですが、靴の状況により臨機に対応することも大事です。

珪藻土(けいそうど)などの靴の湿気吸収剤は、カビ防止やニオイ対策にもなるのでオススメですよ↓

オススメのシューキーパー(シューツリー)

シューキーパーは、いろいろ種類がありますが、できれば木製(シダー製など)だと、湿気を吸収してくれるのでオススメです。

定番はコロニルですが、ノーブランド(一番上)でも大丈夫です。湿気を取ってから入れるならプラスチックでも十分です(お手頃ですし)。

シューキーパーはいつ入れるべき?まとめ

シューキーパーを入れるタイミングについて、専門家の意見は「湿気を取ってから入れる」という意見の方が多い印象です。

私の考えとしては、シューキーパーの入れ忘れ防止のため、脱いだらすぐ入れることを習慣化しておき、汗の量や靴の素材などの状況によって、臨機応変に対応すればよいと考えます(いわゆる折衷(せっちゅう)案です)。

タイミングはどちらにしろ、履いた靴にはシューキーパーを必ず入れるようにしましょう!

せっかく購入した革靴ですので、効果的にシューキーパーを使って、末永く履いていきたいですね。