【もう迷わない】おすすめの靴磨き用ブラシ…馬毛?豚毛?山羊毛?素材ごとの役割や使い方も解説

【もう迷わない】おすすめの靴磨き用ブラシ…馬毛?豚毛?山羊毛?素材ごとの役割や使い方も解説

革靴のお手入れに欠かせない靴磨き用ブラシ。履き終わりにホコリを落としたり、靴クリームを馴染ませたり様々な場面で重宝します。

ただ、ひと言で靴磨き用ブラシといっても、様々な素材(毛の種類)や形状があって、何をどう揃えたらよいか迷ってしまいますよね。

  • 馬毛とか豚毛とかいろんな種類があるみたいだけど、何を揃えればいいの?
  • ブラシの種類ごとの役割や使い方を知りたい
  • で、結局どれを買ったらいいの?おすすめを教えて

この記事ではそんな悩みを解決します。

靴磨き用のブラシを揃えたいと思っていて、何を購入したらよいかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラシの用途や使い方は知っているので、先におすすめのブラシを見たいという方は、こちらからジャンプできます。

おすすめの靴磨き用ブラシ

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年のサラリーマンが解説します。

靴磨き用ブラシの種類と用途

3種類のブラシ-jpg

靴磨き用ブラシの主な種類と用途は以下の3つです。

ブラシの種類(素材)役割重要度
馬毛ブラシホコリをや汚れを落とす
(5.0 / 5.0)
豚毛ブラシ靴クリームを馴染ませる
(3.0 / 5.0)
山羊毛ブラシ靴磨きを仕上げる
(2.0 / 5.0)

以下で詳しく解説します。

馬毛ブラシでホコリや汚れを落とす

馬毛ブラシ-jpg

重要度 ⭐⭐⭐⭐⭐

革靴を購入したら、まずは何よりも持っておきたいお手入れ道具が馬毛ブラシです。

馬毛ブラシはほどよい弾力があって、革靴に付いたホコリや軽い汚れを落とすことができます。

1日履いた革靴にはホコリや汚れが付着しますが、それを放っておくと革の中の油分などが吸い取られ乾燥が進みます。

乾燥した革靴は、ひび割れなどのトラブルが生じやすくなりますので、1日の履き終わりに必ず馬毛ブラシでホコリを落としましょう。

ブラッシング効果でツヤも復活しますよ。

革靴をブラッシング

軽いすりキズならブラッシングで取ることができます。

革靴ブラッシング後
すりキズが消えました。

豚毛ブラシで靴クリームを馴染ませる

豚毛ブラシ-jpg

重要度 ⭐⭐⭐☆☆

豚毛ブラシは靴クリームを塗り込んだあとに、クリームを靴になじませるための道具です。

豚毛は馬毛よりコシが強く固いため、表面に付いたクリームを靴に押し込んで馴染ませ、さらに余分なクリームを取り除く役割があります。

コシの強い豚毛ブラシでブラッシングすると、摩擦でクリームの水分が飛んでロウ分の皮膜が作られるため、革表面がツヤツヤになります。

ガラスレザーを豚毛ブラシでブラッシング-jpg
ガラスレザーの靴磨き後-jpg

豚毛ブラシは使えば使うほどクリームがブラシに浸透して、いわゆる「ブラシが育つ」といわれる状態になります。

「ブラシが育つ」とクリームを使わなくても、ブラッシングだけでツヤを出すことができるようになりますよ。

山羊毛ブラシで靴磨きを仕上げる

重要度 ⭐⭐☆☆☆

山羊毛ブラシは馬毛ブラシや豚毛ブラシと比べて、かなり柔らかい素材です。

鏡面磨きをしたあとのワックスを塗った部分と塗ってない部分の境目をぼかしたり、靴全体をブラッシングしてクリームのムラを解消したり、靴磨きの仕上げに使います。

鏡面磨きの境目をぼかす作業-jpg

ただ、革靴上級者のためのブラシで、普段仕事で使う革靴にはあまり必要ないのかなというのが正直なところです……。

【ちょっと補足】

鏡面磨きとは?
つま先などを油性ワックスを使って光らせる靴磨きの仕上げの工程。ハイシャインともいいます。
鏡面磨き-jpg

いつも参考にさせていただいている靴磨き芸人奥野さんのYou Tube動画です。

山羊毛ブラシの育て方について解説されています。

⬆目次へ戻る

靴磨き用ブラシの選び方

馬毛ブラシでブラッシング-jpg

ブラシの選び方について以下で詳しく説明します。

まずは馬毛ブラシから

3種類のブラシすべて揃えられるとよいですが、まずはどれか一つとするなら、馬毛ブラシです。

馬毛ブラシは靴を履いたら毎回使いますが、豚毛ブラシと山羊毛ブラシは靴磨きのときだけですので使用頻度がまったく違います。

馬毛ブラシで普段からお手入れしておくことで、革靴のトラブルを未然に防ぐことができますよ。

最初は安価なものでOK(靴を定期的にお手入れすることが大事)

靴磨き用ブラシの価格は千円ぐらいから数万円のものまでピンきりですが、主に作りが手植えなのか、機械式なのかによって値段が違ってきます。

ブラシの毛が手植えだと抜け毛も少なくて耐久性も高いため高価になり、反対に機械式だと安価ですが抜け毛も多く耐久性は劣ります。

手植え
機械式
  • 値段:高価
  • 抜け毛:少ない
  • 耐久性:高い
  • 値段:安価なものが多い
  • 抜け毛:多い
  • 耐久性:手植えより劣る

仕事用の普段遣いの革靴であれば、まずは安価なものから使ってみて物足りなくなってきたら良いものを揃える感じで問題ないです。

抜け毛の問題も使っているうちに落ち着くので、そこまで問題はありません。

大事なのはブラシを使って、定期的にしっかりお手入れをすることです。

大きめサイズを選ぶ

ブラシは大きい方が使いやすいです。

持ちやすくて滑りにくく、靴に触れる面が多いためブラッシングのストロークが少なくて済みます。

靴磨きセットに入っているような小さいブラシは収納や持ち運びには便利ですが、手が靴に当たったりするので普段使いには向きません。

小さいブラシ-jpg
小さいブラシは使いづらいです。

靴磨き用のブラシは、できるだけ大きいサイズで毛も長いものを選ぶのがオススメです。

⬆目次へ戻る

おすすめの靴磨き用ブラシを素材別に紹介

靴磨き用ブラシ-jpg

おすすめの靴磨き用のブラシを素材別に紹介していきます。

【靴磨き用ブラシ一覧】

見たいブラシをクリックするとジャンプします。

馬毛ブラシのおすすめ

ダナック(近藤) ミドルホースヘアブラシ

定価1,100円(税込み)
大きさ158×44mm
毛の長さ24mm
原産国ドイツ

ダナックはあまり有名なブランドではないですが、お手頃な価格のシューケア用品を販売していて、個人的に重宝しています。

安価ですが毛も抜けにくく使いやすいブラシです。

M.モゥブレィ プロホースブラシ

定価1,320円(税込み)
大きさ183×50mm
毛の長さ25mm
原産国ドイツ

シューケアブランドとしておなじみのM.モゥブレィの馬毛ブラシです。ほどよい大きさで、持ちやすさとコンパクトさのバランスがよいブラシです。

コロニル 馬毛ブラシ

定価2,200円(税込み)
大きさ170×54mm
毛の長さ27mm
原産国台湾(ドイツ)

コロニルはドイツのシューケアブランドです。

持ち手はほどよい厚みがあって、くぼみもあるので持ちやすく、毛の長さもほどほどあるのでブラッシングしやすい作りになっています。

コロンブス ジャーマンブラシ1(馬毛ブラシ)

定価3,300円(税込み)
大きさ205×64mm
毛の長さ40mm
原産国ドイツ

コロンブスジャーマンブラシ1は長さが20cm、毛の長さ4cmと一般的な馬毛ブラシと比べてかなり大きいサイズです。

靴に当たる面が広くブラッシングのストロークが少なく済むので、簡単に汚れを落とすことができます。

コロンブスジャーマンブラシ(公式)-jpg
画像出典:コロンブス公式オンラインショップ

コロンブス ブートブラック 江戸屋クリーニングブラシ(馬毛)

定価9,900円(税込み)
大きさ200×63mm
毛の長さ23mm
原産国日本

江戸時代から続く江戸刷毛の専門店「江戸屋」製造による、靴用馬毛ブラシです。

毛足が短く馬毛ブラシの中でもコシの強い仕様なので、軽いブラッシングしっかりホコリを落とせます。

⇧ブラシ一覧へ戻る

豚毛ブラシのおすすめ

ダナック(近藤) ワイドブリストルブラシ

定価990円
大きさ178×46mm
毛の長さ13mm
原産国ドイツ

安価な豚毛ブラシは毛の抜けがすごいですが、ダナックのブラシはお手頃価格なのに毛が抜けにくいです。

毛が短い作りですが、その分コシが強くてクリームを馴染ませやすいメリットがあります。

コロンブス 豚毛ブラシ

定価2,970円
大きさ170×50mm
毛の長さ23mm
原産国日本

コロンブスのメイドインジャパンの豚毛ブラシです。毛の長さがクリームをなじませるのにちょうどよい長さに調整されています。

持ちやすくブラッシングしやすい作りです。

M.モゥブレィ SANOHATAブラシ豚毛

定価4,950円
大きさ178×48mm
毛の長さ23mm
原産国日本

M.モゥブレィで販売されている日本製の豚毛ブラシです。持ち手がカーブと溝によって握りやすく、ブラッシングしやすいつくりになっています。

毛質、抜けづらさともに申し分なく末永く使えるブラシです。

⇧ブラシ一覧へ戻る

山羊毛ブラシのおすすめ

ダナック(近藤) ゴートヘアブラシ

定価2,200円
大きさ135×41mm
毛の長さ24mm
原産国ドイツ

山羊毛ブラシがリーズナブルに購入できます。専用のケース入りなので、ギフトにもオススメです。

コロニル 1909ファインポリッシングブラシ

定価2,200円
大きさ149mm×48mm
毛の長さ20mm
原産国ドイツ

柔らかく密度の高い山羊毛ブラシです。

コロニルの高品質な山羊毛ブラシなのにリーズナブルな価格で販売されています。

サフィールノワール フィニッシャーブラシ

定価16,500円(税込み)
大きさ129×47mm
毛の長さ35mm
原産国日本

サフィールノワールの高級山羊毛ブラシです。

毛量が多く高密度でハリとコシがしっかりあってブラッシングしやすい仕様となっています。

経済産業大臣指定伝統工芸品に指定されていて、化粧筆にも使われる広島県安芸郡熊野町の「熊野筆」の技法が使われています。

⇧ブラシ一覧へ戻る

⬆目次へ戻る

3つの用途以外の便利なブラシ

その他の便利なブラシ-jpg

ここまで3つの用途のブラシをご紹介してきましたが、そのほかにも靴磨きやお手入れで使うのに便利なブラシがあります。

必要に応じて揃えましょう。

化繊毛ブラシ

化繊毛ブラシは化繊ということで素材はナイロンです。豚毛ブラシのようなコシがあって少し硬めのブラシなので、靴クリームを馴染ませるために使います。

泥汚れをしっかり落とすことができるので、アウトドア用の靴やブーツにも最適です。

豚毛ブラシより安価というメリットがありますが、耐久性が劣るため、すぐに毛先が広がってしまうデメリットがあります。

化繊毛ブラシ-jpg
毛が曲がった化繊毛ブラシ-jpg

クリーム塗布用のペネトレイトブラシ

ペネトレイトブラシは、靴にクリームを塗布するためのブラシです。

私はいつも手でクリームを塗っていますが、クリームで手が汚れるのがイヤな方はこのを使うのをオススメします。

ペネトレイトブラシ-jpg
ペネトレィトブラシで靴にクリームを塗る-jpg

クリームの色ごとにブラシを使い分けます。

黒と茶色のクリームで使い分けるペネトレイトブラシ-jpg

靴のコバ(甲革と靴底の縫い目の部分)にクリームを塗るのにも便利です。

コバ部分に乳化性クリームを塗布-jpg

ワイヤーブラシ・ゴムブラシ

ワイヤーブラシ・ゴムブラシは、スエードなどの起毛している革のお手入れに使います。

スエードの靴(クラークスチャッカーブーツ)↓

どちらも固く摩擦起毛革を擦って汚れを落とします。

落としにくい汚れが付着した場合は、ゴムタイプのブラシもオススメです。

⬆目次へ戻る

靴磨き用ブラシの気になる疑問

Shoeshine-brushes-FAQ-jpg

靴磨き用のブラシを揃えるに当たって、気になる疑問にお答えします。

Q.ブラシは全種類揃える必要があるの?

まずは「馬毛ブラシ」があれば十分です。その後靴磨きに慣れてきたら「豚毛ブラシ」を揃えましょう。正直、山羊毛ブラシは上級者向けなので必要ないと思います。

Q.ブラシは使い分ける必要があるの?

毛の種類によって硬さや質感が違うので、お手入れの用途によって使い分ける必要があります。

・馬毛ブラシ:ホコリや汚れを落とす
・豚毛ブラシ:靴クリームを馴染ませる
・山羊毛ブラシ:靴磨きを仕上げる
・ペネトレイトブラシ:靴にクリームを塗布
・スエードブラシ:スエード靴の毛並みを揃える

Q.靴によって色分けは必要?

色の違うクリームが付着してしまうおそれがあるので、「豚毛ブラシ」と「ペネトレイトブラシ」は靴の色ごとに使い分けましょう。

Q.靴磨きセットのブラシでも問題ない?

靴磨きセットに付いている小さいブラシは応急的に使う分には問題ないですが、なるべく毛が長くて大きいサイズのブラシを購入するのをおすすめします。特に馬毛ブラシは大きい方が使いやすいです。

⬆目次へ戻る

まとめ|靴磨き用のブラシは用途によって使い分けが必要

この記事では革靴のお手入れに必須の靴磨き用ブラシの種類や用途を解説し、素材ごとのおすすめのブラシを紹介しました。

靴磨き用のブラシの主な種類と用途は以下の3つです。

ブラシの種類(素材)役割重要度
馬毛ブラシホコリをや汚れを落とす
(5.0 / 5.0)
豚毛ブラシ靴クリームを馴染ませる
(3.0 / 5.0)
山羊毛ブラシ靴磨きを仕上げる
(2.0 / 5.0)

その中でも特に馬毛ブラシは、革靴のお手入れに欠かせないブラシです。

毎回、革靴の履き終わりに馬毛ブラシでブラッシングをすることで、革靴の寿命を延ばすことができます。

せっかく購入した革靴ですので、靴磨き用ブラシでしっかりお手入れして末永く履いていきたいですね。

【あわせて読みたい】

革靴のお手入れ方法は以下の記事を参考にしてみてください。

靴クリームの選び方を用途別に解説した記事です。おすすめも紹介しています。

>>【乳化性?油性?ワックス?何が違う?】靴クリームの選び方を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA