革靴をファブリーズやリセッシュで消臭?ちょっと待って…それ逆効果ですよ

革靴をファブリーズやリセッシュで消臭?ちょっと待って…それ逆効果ですよ

普段履いている革靴からイヤ〜な臭いがする…。靴を脱ぐ文化のある日本では他人の前で靴を脱ぐ場面も多いので、靴の臭いは気になりますよね。

革靴に困るサラリーマン
革靴に困るサラリーマン

革靴の消臭をしたいけど、ファブリーズやリセッシュって使って大丈夫かな?

除菌・消臭スプレーでおなじみの「ファブリーズ」や「リセッシュ」ですが、革靴には使用できるでしょうか?

結論を先に言うと、

使用できる靴もありますが、使用しないほうが無難です。

この記事では、ファブリーズやリセッシュのような液体ミストタイプの消臭スプレーを靴に使用する際の注意点と、使用できない場合の消臭方法について解説します。

【あわせて読みたい】

>>靴のニオイ対策にはパウダー式の消臭スプレーが効果抜群【オススメ商品も紹介!】

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年のサラリーマンが解説します。

ファブリーズやリセッシュは革靴に使える?

消臭スプレー-jpg

そもそもファブリーズやリセッシュのような液体ミストタイプの消臭スプレーは、布製品専用です。そのため、革製品には使えません。

革、毛皮、人工皮革、和装品、汚れのひどいもの、肌や髪の毛、生き物には、直接スプレーしないでください。

花王:リセッシュ使い方ガイド

ですので、革靴に使うのは基本的にNGです。

ただし、次のどちらにも当てはまる場合は使用しても問題ないです。

  • インソールやライニング(靴の内側)が布
  • 靴の表面(甲革)に防水加工された革や合成皮革が使われている

インソールやライニングが布

最近は、履き心地がスニーカーのようなタイプの革靴も多く販売されています。

靴の内側が布であれば、使用しても問題ありません。

キャンパスライニング-jpg
靴の中が布になっていると大丈夫です
シャインオアレイン2776BLのインソール
レザーライニングの場合はNGです!

甲革に防水加工がされた革又は合成皮革が使われている

ライニングが布でも、表面の革(甲革)が普通の革であれば、消臭液が染み込んでダメージを受けてしまいます。下手をすると染みた消臭液でカビが生えてしまうかもしれません。

表面に防水加工された革や合成皮革(人工革)が使われた靴であれば、内側から染み込んでも水分を弾くので大丈夫です。

※甲革に消臭液を直接噴射するのはNGです。

ガラスレザーの革靴-jpg
合成皮革が使われた靴

靴に使用する際の注意点(逆効果になる場合があります)

靴のニオイの原因は、汗と一緒に付いた足の角質や皮脂などをバクテリアが分解して出た成分(酸)です。そのバクテリアが大好きなのが「湿気」です。

ファブリーズなどの液体ミストタイプのスプレーで消臭する場合、液体をしっかり吹きかける必要があるので、使用後はかなり湿気が出ます。使用後は、通気性の良い場所に靴を置くなど湿気を残さないようにしないと逆効果になってしまいます。

革靴に困るサラリーマン
革靴に困るサラリーマン

しっかり吹きかけないと効果がないけど、多すぎると湿気が残って逆効果だし…難しいね。

ファブリーズやリセッシュが使用できない場合

NULLシューパウダーを噴射-jpg

その他の消臭方法は以下の3つが考えられます。

  1. 珪藻土(けいそうど)や活性炭などを靴に入れる
  2. 清涼剤とガスを使った消臭スプレー
  3. 消臭パウダー(粉)を靴に撒く

ただし、上記の消臭方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
珪藻土や活性炭湿気とニオイを吸収ニオイの原因は除去できない
ガス式消臭スプレーニオイの原因を直接除去・ミスト式と同様、湿気が残る
・使用後ガスの処理が面倒
パウダー
(粉)
湿気とニオイの原因を直接除去・量の調節が難しい
・粉で汚れる場合あり

そこでオススメなのが、パウダー×スプレーの消臭方法です。

おすすめは「パウダー式の消臭スプレー」

おすすめは、それぞれのデメリットを解消したパウダー式の消臭スプレーです。

パウダー式の消臭スプレーは、パウダーとスプレーの良いところを合わせた消臭効果の高い消臭スプレーです。

【あわせて読みたい】

他の消臭方法との比較

以下の表のとおり、パウダー式消臭スプレーはパウダーのデメリット(量の調整)とスプレーのデメリット(湿気)を解消されています。

【消臭方法比較】

パウダー消臭スプレーパウダー
(粉)
ガス式消臭スプレー珪藻土や活性炭
消臭力
除菌効果直接除菌できない
ムレの原因液体のため湿気が出る
量の調節適量は難しい
使える靴の種類素材によっては使えない

私が実際に体感したNULLシューパウダー

そして、私がパウダー式の消臭スプレーでオススメするのが、「NULLシューパウダー」です。

NULLシューパウダー-jpg
私が実際に購入し、試してみたNULLシューパウダー

>>NULLシューパウダーの詳細はこちら(公式サイト)

私がNULLシューパウダーをオススメするのは、以下の3つの理由からです。

  • パウダータイプでニオイの原因を直接除菌できる
  • プッシュするだけで簡単除菌できる
  • 日本製で100%天然成分を使用していて安心

実際に使ってみた体験談はこちらです↓

【あわせて読みたい】

【NULLシューパウダーの仕様】

用途靴用消臭、除菌粉
容量17g
使用可能日数約150〜160日
(毎日使用の場合)
一日あたりの使用目安片足4〜5噴射
成分無機天然成分
(酸化亜鉛、タルク、ミョウバン)
香り無香料
製造国日本

公式サイトで購入すると「全額返金保証」「アフターサポート」があるので、最初にお試しで購入するにはオススメです。

LINE登録で300円OFFクーポンプレゼント中

1分あれば購入できますよ↑

靴をファブリーズやリセッシュで消臭できる?(まとめ)

布製品の除菌・消臭には、ファブリーズやリセッシュなどの液体ミストタイプの消臭スプレーは効果的ですが、靴の消臭に使う際には注意が必要です。

液体ミストタイプの消臭スプレーは、ニオイの原因であるバクテリアが大好きな湿気を増大させてしまうので、上手に使わないと逆効果になってしまいます。

そこで、今回、オススメの消臭方法として「パウダー式の消臭スプレー」を紹介しました。

パウダー式の消臭スプレーは、パウダータイプとスプレータイプのデメリットを解消し、さらに2つの良いところを合わせた効果の高い消臭スプレーです。

私は、NILLシューパウダーを実際に使用してみて、その消臭効果の高さを実感しました。靴のニオイにお困りの方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

【あわせて読みたい】

革靴のニオイをしっかり取るなら丸洗いもおすすめです。

>>カビで匂う革靴を丸洗いしてみた…靴を洗う手順や注意点を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA