【新品の革靴のお手入れ】長く履くためのプレメンテナンスを解説【靴ずれも防げます】

【新品の革靴のお手入れ】長く履くためのプレメンテナンスを解説【靴ずれも防げます】

いろいろ悩んで、ようやく革靴を購入。ウキウキな気分で箱から靴を取り出して、新品の革靴を履いてさあ外へ出発!

ちょっと待ってください

その気持ち、ものすごく分かりますが、購入したばかりの革靴を何もせずいきなり履いてしまうと、自分の足も革靴も痛めてしまうかもしれません。

この記事では、購入したばかりの新品革靴にすべきお手入れ(プレメンテナンス)について解説します。

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年のサラリーマンが解説します。

プレメンテナンスとは

シャインオアレイン2773BR

プレメンテンナンスとは、その名のとおり履き下ろし前の事前メンテナンスのことです。新品の革靴をお手入れして水分や栄養分を補給します。

プレメンテナンスといっても何か特別なことをするわけではなく、通常のお手入れのように汚れを落としてクリームを入れてあげるだけです。

靴のライニング(内側)にも保湿用のクリームを塗って革を柔らかくします。

革を柔らかくして、足への履き馴染みを良くします。

⬆目次へ戻る

なぜプレメンテナンスが必要?

とりあえず持っておきたい靴磨き道具-jpg

プレメンテナンスを行う理由は以下の2つからです。

  • 革への負担を軽減して長持ちさせる
  • 新品の硬い革に柔軟性を与え、足馴染みを良くする(靴ずれを防止)

革への負担を軽減して長持ちさせる

新品の革靴でも、自分に買われてくるまで「どこ」で「どのように」保管されていたかは分かりません。

工場で作られてすぐであれば良いですが、店頭や倉庫にずっと置かれていた靴はお手入れされることもなく、相当乾燥が進んでいます。

乾燥した革は柔軟性が失われて固くなっているので、いきなり履いて歩くということは、寝起きに準備運動なしでダッシュするようなものです。

そんなことをしたら、すぐにケガをしてしまいますよね。

プレメンテンナンスは、その後の靴の寿命にも影響してきますので、革靴を大事に履いていきたいと思っている方は絶対にしておいた方が良いです。

足馴染みを良くする(靴ずれを防止)

買ったばかりの革靴のイメージって、痛くて靴ずれになるイメージがありませんか?

プレメンテナンスを行うことで革靴に柔軟性を与え、履き心地をよくすることができます。

特に靴のライニング(靴の内側)にデリケートクリームを入れると、靴ずれを防ぐことができます。私は、プレメンテナンスをするようにしてから靴ずれになったことがありません。

プレメンテンナンスをするかしないかで、最初の履き心地が全然違いますよ。

⬆目次へ戻る

プレメンテナンスの方法

デリケートクリームを塗るところ-jpg

プレメンテナンスといっても特別なことではなく、通常の靴のお手入れ方法とあまり変わりません。

【プレメンテナンスでやること】

革靴に困るサラリーマン
革靴に困るサラリーマン

プレメンテナンスってこんなにやることあるの……めんどくさ

初心者の方に全部の作業は難しいと思います。そもそも、いきなりこんなケア用品も揃えられないですよね。

そんなときは、③の「デリケートクリームで保湿」これだけやりましょう。

デリケートクリームで保湿するだけでも、プレメンテナンスとしては十分です。

それでは、順番にやっていきましょう。

>>「デリケートクリームで保湿」をすぐ見たい方はこちら

①クリーナー(リムーバー)で汚れを落とす

新品の革靴なのにと思うかもしれませんが、靴が作られてから自分に手元に届くまでにどのぐらい経っているか分かりません。

靴を作る工程では、最後に靴クリームで仕上げをしていることが多いので、保管期間が長いほど古いクリームが付いていることになります。

新品ですが、古いクリームをクリーナーで落としましょう。

ステインリムーバーを布に取る-jpg
馬毛ブラシでホコリを取ってクリーナーで古いクリームを落とします。
カビクリーナーで靴を拭いている-jpg
あまりゴシゴシしないで、軽く全体を拭き取る感じです。

おすすめのクリーナーはこちら⬇

水性で革にやさしいのはモウブレイのステインリムーバーです。きっちり汚れを落としたい方は、サフィールのレノマットリムーバーがおすすめです。

②デリケートクリームで保湿【重要!】

プレメンテナンスの作業はいろいろありますが、とりあえずコレだけはしておきたいです。

デリケートクリームは、革靴に潤いを与えるための水分量が多いクリームです。

デリケートクリーム
M.モゥブレィのデリケートクリームです。

ライニング(靴の内側)へ塗る

履く前に靴の内側へ塗り込むことで、内側の革を柔らかくし、靴ずれなどを防ぐことができます。

デリケートクリーム-jpg
水分量が多いドロっとしたクリームです。
デリケートクリーム塗布-jpg
靴の内側に塗布します
デリケートクリーム-jpg
靴擦れしやすいかかとへもしっかり塗りましょう

革靴が硬いなと思うとき、靴の中の革にデリケートクリームを塗り込むと、劇的に履き心地が変わります。

アッパー(甲革)へも塗る

乾燥したアッパーにも塗って水分補給を行います。

デリケートクリームを塗る靴-jpg

革が乾燥していると、靴がクリームを飲むようにどんどん吸い込まれていくのが分かります。

革靴を乾拭き-jpg
Tシャツの切れ端などのいらない布で乾拭きします。
デリケートクリームを塗ったあと-jpg
デリケートクリームだけでもツヤがでます。

おすすめのデリケートクリームはこちら⬇

定番はモウブレイのデリケートクリームです。これを持っておけば間違いないです。

レーダーオイルで柔軟性を与える

タピールレーダーオイル
タピールのレーダーオイルです。

「タピール」は、ドイツの皮革製品のケア用品ブランドです。そのタピールで、自然素材にこだわって作られた皮革用クリーナーがレーダーオイルです。

本来の用途はクリーナーですが、ひまし油やなたね油など天然成分を使用していて、栄養補給や革に柔軟性を与えることにも使うことができます。

これ1本で、汚れ落としから栄養補給までできる万能ケア用品です。

タピールレーダーオイル

布にレーダーオイルを染み込ませます。

レーダーオイルを布に染み込ませる-jpg

アッパー(甲革)全体に塗っていきます。

革靴にレーダーオイルを塗布-jpg

塗りすぎると、油分過多になってしまうので、一回りぐらい塗ったら終わりにしてください。

オイルがどんどん革に染み込んでいくので、塗りすぎは注意が必要です。

レーダーオイルを塗ったら、1日ぐらいおいて全体に浸透させましょう。

乳化性クリームで栄養補給とツヤ出し

サフィールノワールクレム1925-jpg

通常の靴磨きのように、乳化性クリームを塗って栄養補給とツヤを出します。

乳化性クリームを靴に塗る-jpg

おすすめの乳化性クリームはこちら⬇

高級感ある感じに光らせたいという方は、サフィールのクレム1925がおすすめです。

【あわせて読みたい】

>>乳化性クリームを使った靴磨きの詳細はこちら

>>乳化性クリームの解説記事はこちら

⬆目次へ戻る

プレメンテナンスで靴ずれを防止|まとめ

この記事では、新品の革靴を購入したらぜひ、やっておきたいプレメンテナンスについて解説しました。

いろいろ悩んで購入した革靴をすぐ履きたい気持ちは分かりますが、グッとこらえて革靴に水分と油分を与えてあげましょう。これだけで靴の寿命が違ってきます。

それに、ライニング(靴の内側)をお手入れすれば、靴ずれも防ぐことができます。

買ったばかりの革靴をいきなり履くのは、靴にも足にも悪いです。

せっかく購入した革靴ですので、末永く履いていけるようお手入れしていきましょう。

まずはデリケートクリームを購入してメンテナンスしましょう。

おすすめのデリケートクリームはこちら⬇

【あわせて読みたい】

これだけで十分簡単靴磨きの方法はこちら⬇

>>【初心者向け】とりあえずコレだけで十分!簡単靴磨き

しっかり靴磨きをしたい方はこちら⬇

>>【休日の靴磨き完全版】お手入れの手順と方法を革靴歴28年のサラリーマンが解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA