サラリーマンの革靴お手入れマニュアル【メンテから靴磨きまで徹底解説】

サラリーマンの革靴お手入れマニュアル【メンテから靴磨きまで徹底解説】

最近はミニマリスト的な考え方から、革靴は安い靴を1足買って履き潰しながら仕事をしている方も多いようです。

ただ、革靴はサラリーマンの仕事道具です。プロスポーツ選手も自分にあった道具をちゃんとお手入れして使っています。サラリーマンだって同じではないでしょうか。

せっかく購入した革靴なので、しっかりお手入れをして、末永く履いていきたいですよね。

  • せっかく買った革靴なのでちゃんとお手入れしたい
  • 靴磨きに興味が出てきたので、靴磨きの方法を知りたい
  • 靴の臭いやカビが気になるけど、対処方法は?

この記事では、こんな悩みを解決します。

私は、サラリーマン生活約25年、ずっと仕事で革靴を履いてきました。様々な革靴を履いてお手入れしてきた経験から、なるべく面倒がなく、革靴と長く付き合っていけるお手入れ方法を体系的にお伝えしたいと思います。

【あわせて読みたい】

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年の私が解説します。

  • 日本皮革製品メンテナンス協会『靴磨き知識アドバイザー』
  • サラリーマンの立場から仕事で履く革靴やお手入れのことなどを発信しています。プロフィールはこちら

革靴と長く付き合うための習慣

革靴ローテーション-jpg

お手入れや靴磨きの前に、革靴の履き方や取り扱い方でも長持ちするかどうかが大きく違ってきます。革靴と長く付き合っていくため、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

【革靴と長く付き合うための習慣】

  • 靴べらを使って履く
  • 靴ひもはその都度結ぶ
  • お気に入りでも毎日履かない

靴べらを使って履く

靴べらを使わないで革靴を履くのは厳禁です!靴べらを使わずに靴を履くとかかと部分を踏みつけることになり、月芯地(かかとを囲むように入っている芯)が変形してしまいます。

月芯地が変形すると、靴がかかとをホールドできなくなります。足がブレて履き心地が悪くなるだけでなく、他のパーツも損傷することになり、革靴の寿命が一気に縮んでしまいます。

靴べらを使う目的は、靴を履きやすくするだけではなく、靴を壊さないためでもあります。

かかとを踏んで、スリッパみたいにして履く人をたまに見かけますが、靴を大事にする以前の問題です・・・。

面倒だとは思いますが必ず靴べらを使って履くようにしましょう。

シャインオアレイン2776BLのヒール
かかとには芯が入っています。

靴べらは自分の家の玄関に置いておくのはもちろんですが、サラリーマンは、仕事中もいつ靴を脱ぐことになるか分かりません。

普段持ち歩くカバンかポケットに入る携帯用靴べらを持っておきましょう。

携帯用靴べら-jpg
携帯用の靴べらを持ち歩きましょう。

キーホルダータイプはこちら↓

スライド式ならこちらがおすすめです↓

靴ひもはその都度結ぶ(理想)

革靴を脱ぐときは靴ひもをほどいて脱いで、履くときは、その都度しっかり結び直すのが理想です。靴ひもを結んだまま無理やり靴を脱ぎ履きすると、靴の履き口に負担がかかり革を痛めてしまいます。

理想

靴ひもをほどいて脱ぎ、履くときはその都度しっかり結び直しましょう

革靴に困る<br>サラリーマン
革靴に困る
サラリーマン

でも、取引先や上司の前でそんなことしてられないよ…

サラリーマンをやっていると、取引先や上司の前で、急いで脱ぎ履きしなければならないことがあると思います。その都度、靴ひもをほどいたり、結び直したりできないのが現実です。

現実を踏まえると

  • 靴ひもがないタイプのモンクストラップやレイジーマンの革靴を履く※1
  • 比較的かかとがゆるく作られているリーガルやスコッチグレインのような日本の紳士靴ブランドを履く2

【ちょっと補足】

モンクストラップ、レイジーマンとは?※1
  • モンクストラップは、履き口を靴ひもではなくバックルでとめるタイプのデザインです。
  • レイジーマンは、靴ひもに見えるのは装飾で、履き口はゴムなどで押さえるタイプのデザインです。
一般的な日本ブランドのかかとの作り※2

日本の紳士靴ブランドはかかとが比較的ゆるく作られています。それがデメリットと言われたりしますが、靴を頻繁に脱ぎ履きする日本人にとってはメリットでもあります。

いずれにしても、革靴を履く際は靴ひもをきっちり結びましょう。緩めるて歩くと、靴ずれになりますし、靴の寿命も短くなります。

お気に入りでも連投は厳禁

いくら愛着のある靴でも、毎日履くのは厳禁です!

人は、1日靴を履くと約コップ1杯分の汗をかくと言われています。靴を1日履いたら2日、最低でも1日は靴を乾燥させるために休ませましょう。

連投する投手-jpg
革靴の連投はなるべくやめましょう。

理想

革靴は最低でも3足、雨用を含めた4足を持つ

一日履いたら2日休める、雨が降ったら雨用の革靴を履く。革靴を長持ちさせるための鉄則です。

革靴で困る<br>サラリーマン
革靴で困る
サラリーマン

でも、いきなりそんなに革靴に予算を割けないよ・・・。

確かに、革靴初心者の方が、いきなり、ちゃんとした革靴を3足揃えるのは厳しいかもしれません。

現実を踏まえて

2足を1日おきにローテーションする(予算とタイミングをみて追加していく)

最初は3足揃えるのは難しい方は、2足揃えてローテーションしましょう。

とにかく、同じ靴を毎日履くのだけはやめましょう。せっかく買った本格革靴があっというまにボロボロ、くさくさになってしまいます。

履き始め前のお手入れ(プレメンテナンス)

デリケートクリーム

デリケートクリームで靴ずれを防止

革靴といえば、固くて靴ずれになるイメージがありませんか?

革靴を購入したら、履き始める前にデリケートクリームを塗りましょう。それだけで、靴ずれを防止できます。

デリケートクリーム-jpg

デリケートクリームは、革靴に潤いを与えるための水分量が多いクリームです。履く前に靴の内側へ塗り込むことで、内側の革を柔らかくし、靴ずれなどを防ぐことができます。

デリケートクリーム塗布-jpg

靴の内側に塗布します。

デリケートクリーム-jpg

靴擦れしやすいかかとへもしっかり塗りましょう

履き始めに革靴が硬いなと思うとき、靴の中の革にデリケートクリームを塗り込むと、劇的に履き心地が変わります。

靴のお手入れ道具は様々ありますが、とりあえずデリケートクリームを革靴と一緒に購入することをオススメします!

定番のM.モウブレイのデリケートクリームが値段もお手頃でおすすめです↓

【あわせて読みたい】

>>【新品でもお手入れは必要】プレメンテナンスを解説

日常のお手入れ

馬毛ブラシとデリケートクリームとシューキーパー

靴の履き終わりに毎回すること

  1. シューキーパーを入れる。
  2. 馬毛ブラシでブラッシング

シューキーパーを入れる

シューキーパー(シューツリー)
シューツリーを入れた靴

汗が乾いていく過程で履きジワから反り返ってくるので、シューキーパーを入れることで靴の変形を防ぎます。

木製のシューキーパー(シューツリーともいいます)を使うと汗も吸い取ってくれます。面倒でも1日履き終わって靴を脱いだら、必ず靴に入れましょう。

【あわせて読みたい】

>>シューキーパーを入れるタイミングいつがベスト?

馬毛ブラシでブラッシング

馬毛ブラシ

靴にホコリが付いたままだと、ホコリが靴の油分を吸い取ってしまいます。

革靴は油分と水分が大事ですのでバランスが崩れてしまうとすぐにダメになりますので、1日履いたらササッとホコリを落としましょう。

多少のスリキズであれば馬毛ブラシで消すことができますし、ブラッシング効果で光沢もある程度は復活します。

シューキーパーを入れること、馬毛ブラシでブラッシングすること、この2つは毎回必ずしましょう!

「毎日お手入れするの?」と思うかもしれませんが、「1回のお手入れは100円ずつの貯金」と同じです。

お手入れすることで、革靴が長持ちするので、長い目で見るとお得です。

定期的なお手入れ(1か月〜2か月ごと(10回ぐらい履いたら))

理想のお手入れ

  1. 靴ひもを取る
  2. シューキーパーを入れる
  3. 馬毛ブラシでホコリを落とす
  4. クリーナーで汚れ落とし
  5. 靴クリームをで栄養補給とツヤ出し
  6. 豚毛ブラシを使ってクリームを馴染ませる
  7. 目の荒い布又はストッキングで乾拭き
  8. ワックスでつま先を鏡面磨き
革靴に困るサラリーマン
革靴に困るサラリーマン

こんなにやることあるのか…無理かも

一見、やること多そうに見えますが、慣れると全く問題ないです。むしろハマってくると、もっといろいろやりたくなります。

ただ、やっぱり最初は、道具も揃えなければならないし難しいですよね。

現実を踏まえて

  1. 靴クリームをで栄養補給とツヤ出し
  2. いらない布かストッキングで乾拭き

革靴初心者はこれだけでOKです。

※汚れ落としはしなくてもいいの?と思うかもしれませんが、靴クリームには溶剤が入っていて、靴に塗っているうちに古いクリームは取り除いてくれます。

シュークリーム(エムモウブレイシュークリームジャー

靴クリームは、乳化性クリームともいわれ、革の栄養補給とツヤ出しが目的です。

米粒1〜2つ分ぐらいの量を指にとって、塗履きジワを入念に塗り込みます。

革靴に靴クリームを塗り込む

その後、靴全体にも塗り込みます。

全体にクリームが浸透したら、いらないストッキングや布を使って余分なクリームを拭き取ります。

靴を乾拭き-jpg
余分なクリームを取り除きます

いい感じに光沢が出ます。ツヤツヤですね!

靴磨き後

【あわせて読みたい】

初心者がとりあえず揃えたいお手入れ道具

  • シューキーパー
  • 馬毛ブラシ
  • 靴クリーム

靴に愛着が出てくるといろいろ試したくなりますが、慣れないうちは、これだけで十分です。

【あわせて読みたい】

靴が臭う場合の対処法

裸足で革靴を履く人-jpg

サラリーマンに限らず、革靴を履いていてよくある悩みが靴が臭うことではないでしょうか。靴のニオイを防ぐために、靴の外側のお手入れだけでなく、靴の内側のお手入れしていきましょう。

靴の臭いの原因

人は1日靴を履くと約コップ1杯分の汗をかくと言われています。汗自体は直接的な臭いの原因ではないのですが、汗と一緒に付いた足の角質や皮脂などをバクテリアが分解して出た成分(酸)が臭いの原因です。

そもそも履いている人の足がクサくて、その臭いが靴に付着することもありますが…。

臭いを予防する方法

  • 同じ靴を2日連続で履かない
  • 裸足で履かない
  • 通気性や吸水性のある靴を履く
  • 足を清潔に保つ

同じ靴を2日連続で履かない

何回も言いますが、同じ靴は2日連続で履かないようにしましょう。汗が乾く前にまた汗が付着することになるので、臭いの原因の角質や皮脂がどんどん付着して大変なことになります。

1日はいたら2日休ませることを徹底すれば、基本的に靴が臭うことはありません。これだけで十分靴の臭い対策になります。

裸足で履かない

臭いの原因は汗と一緒に付いた足の角質や皮脂などをバクテリアが分解して出た成分(酸)と言いましたが、裸足で履いてしまうと「臭いの原因」が革靴に直接付着するので、あっという間に臭くなります。

昔、トレンディ俳優が裸足で革靴を履くということがありましたが、靴を長持ちさせたいならマネしたらダメです。

仕事用の革靴なので裸足で履くことはないかもしれませんが、革靴を裸足で履くのは厳禁です!

通気性や吸水性のある靴を履く

靴の中がムレにくい素材の靴を履くことも解決方法になります。

靴のライニング(靴の内側の素材)はレザーがおすすめです。レザーライニングは革が汗を吸って湿気を外に出してくれるので、劇的にムレを解消してくれます。

私が本格革靴を履くようになって一番感動したのが、レザーライニングの「ムレない」というところです。大げさではなく本当にムレが軽減されます。

シャインオアレイン2776BLのレザーライニング
靴の内側が全部レザーのものがおすすめです。

足を清潔に保つ

日頃からちゃんと足を洗うのは当然として、足を洗う際は昔ながらの固形の石鹸を使うと効果的です。固形石鹸は、汚れ落としだけでなく殺菌・消毒効果が期待できるので、ニオイ対策におすすめです。

軽石で足の余分な角質を除去することや、ウールや綿を材料とした靴下を履くことも効果があります。

靴が臭ってしまったら

私の経験上、3〜4足でローテーションしていたら、靴が臭うことはほぼないのですが、どうしてもその時の状態などで臭ってしまうこともあると思います。

そんなときは、以下の3つの方法を順番に行い対処しましょう。

  1. 消毒用アルコールで靴の中を除菌
  2. 消臭用スプレーを噴霧
  3. サドルソープで丸洗い

ただ、1回臭ってしまうと、ニオイを除去するのはなかなか厳しくなるので、やはり日頃からのお手入れなどで予防することが重要です。

【あわせて読みたい】

>>革靴をファブリーズやリセッシュで消臭?ちょっと待って…それ逆効果かも

>>靴のニオイはパウダー式のスプレーで湿気と原因菌を除去!【オススメ商品も紹介】

カビが生えたときの対処法(予防も)

カビを防止するクリーナー-jpg

雨の日に履いて濡れてしまったり、湿気の多い場所に長い間置きっぱなしにしたりすると、靴にカビが生えてしまうことがあります。

カビの予防方法

【カビの原因】

  • 温度が20〜30℃あたり
  • 湿度が80%ぐらい
  • 靴についた皮脂や汚れがある

この条件が揃うと、カビが生える確率が高くなりますので、湿度を下げるために定期的に下駄箱(シューズボックス)の扉を開けて換気しましょう。

靴の中の湿気を十分に取ってからしまうことも大事です。

私は、雨で靴底などが濡れている場合は、スノコの上に置くなどして靴底が乾くまでシューズボックスに入れないようにしています。

カビの除去方法

カビが生えてしまったときに、カビを取ろうとして濡れた布などで水拭きするのはさらに湿度を上げてしまうことになるので厳禁です

予防の甲斐なくカビを生やしてしまったときは、次の順番で除去しましょう。

  1. 靴用クリーナー(リムーバー)で表面のカビを除去
  2. カビ専用スプレーで原因菌を除菌
  3. 風通しの良いところで天日干し
  4. 革の保湿と栄養補給

カビがどのくらい付着してしまったかで、除去の難易度は変わってきますが、カビが生えてしまうと完全復活まではかなり時間がかかります。なので、なるべくカビを生やさないこと(予防)が大事です。

【あわせて読みたい】

>>実際にやってみた簡単除去方法…おすすめケア用品も紹介

同じ革製品の野球グローブにカビが生えた場合もシューケア用品で除去できます↓

サラリーマンの革靴お手入れマニュアルまとめ

革靴を長く付き合っていくポイントは、以下のとおりです。

  • 革靴と長く付き合うための習慣を身につける
  • プレメンテナンスをしてから履く
  • 毎日の履き終わりにシューキーパーを入れてブラッシングする
  • 1〜2か月に1回は靴クリームで栄養補給
  • 靴が臭わないよう、カビが生えないように予防する

最近は特に革靴を履く機会が減少し、あまり重要視されなくなってきていますが、まだまだサラリーマンにとって革靴は重要なアイテムですし、仕事の道具です。

せっかく購入した革靴なので、しっかりお手入れして、愛着を持って末永く履いていきましょう。