【撥水レザーのエイジング】スコッチグレインのシャインオアレインは光らないのか?

【撥水レザーのエイジング】スコッチグレインのシャインオアレインは光らないのか?

日本のシューズブラントの雄であるスコッチグレインが製作、販売しているシャインオアレイン。

シャインオアレインのアッパー(甲革)は、フッ素を配合した撥水効果のある撥水レザーを使用しており、天気を気にせず履くことができます。

ただ、撥水レザーのデメリットとしてよく言われるのが、

  • マットな質感
  • 靴磨きしても全然光らない

ということです。

本当にシャインオアレインは光らないのか?

結論

ガシガシ履き込めばちゃんと光ります!

しかも、結構いい感じにエイジングされて、愛着が湧きます(革靴は大概そうですが…)。

私の所有するシャインオアレインは購入から2年ですが、先日、ちょうど靴磨きをしましたので、エイジングレビューをしたいと思います。

※2年半ちょっと経過後の追記あり

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年のサラリーマンが解説します。

シャインオアレインとは

シャインオアレインのアッパー(甲革)は、国産のカーフ(仔牛の革)をなめす段階でフッ素を配合した撥水効果のある革を使用しており、水を弾いてくれる防水仕様になっています。

ガラスレザー(塗料や合成樹脂でコーティングした革)のように革の表面を加工しているわけではないので、普通の革靴のように靴クリーム等で手入れをすることで自然なエイジングが楽しめます。

天気を気にせず履けて、エイジングも楽しめるので革靴初心者の1足目にぴったりです。

【シャインオアレインの基本情報】

定価33,000円(税込み)
デザインストレートチップ、プレーントゥなど
革の種類撥水レザー
製法グッドイヤーウェルテッド製法
ソール(靴底)ラバーソール(SGソール)
ウィズシャインオアレインⅣ ⇨ E、シャインオアレインⅢ ⇨3E
特徴・撥水効果のある革
・防滑ソール

>>スコッチグレインの公式サイトはこちら

スコッチグレインは楽天市場にも公式店舗があります。楽天経済圏の方はお得に購入できます↓

【あわせて読みたい】

>>全天候型革靴シャインオアレインの魅力を解説

⬆目次に戻る

購入当初のシャインオアレイン

シャインオアレイン2776BL

購入当初のシャインオアレインです。

一応、プレメンテナンスをしたあとなので、靴クリームも塗布して磨いた状態ですが、やはりマットな質感ですね(まあ、買ったばかりの革靴はみんなそんな感じかもしれませんが)。

私は、シャインオアレインを2足所有していますが、今回ご紹介するのは、「シャインオアレインⅣ2776BL」です。ウィズシングルEの黒のストレートチップです。

シャインオアレインⅣは、スコッチグレインの人気シリーズ「オデッサ」と同じ木型を使用していて、比較的ロングノーズでシャープなデザインです。

購入当初は、靴クリームを使ってもあまり光沢が出ませんでした。

自分的には、仕事で使う靴なのでそのぐらいのほうがちょうど良いかなと思っていましたが、やっぱり物足りなさは否めません。

⬆目次に戻る

2年間履いてみたシャインオアレイン

サラリーマンはそこそこで良いので、ちゃんとした革靴を履こうシャインオアレインを履く(アイキャッチ)

天候に関わらず週1〜2の頻度で履いて、1〜2か月に1回、定期的に乳化性クリームでお手入れしてきました。

2年間、ガシガシ履いて、定期的にお手入れしてきたので、何となく革が育ってきたなという感じがします。

シャインオアレイン2776BLのアッパー
シャインオアレイン2776BLのアッパー

【あわせて読みたい】

シャインオアレインを2年履いてみた感想の記事もよかったらご覧ください↓

⬆目次に戻る

2年後、いつもの靴磨きをしてみる

購入から2年、晴れでも雨でも、ずっとローテーションを守りながら履いてきて、かなりいい感じにエイジングされてきましたので、そろそろ光ってくるのではと思いながら、お手入れしてみました。

シャインオアレイン2776BL
まず、シューレース(靴ひも)を取ります。

通常であれば、まずリームーバーなどで汚れ落としをするのですが、強い溶剤を使うと撥水効果がなくなってしまうおそれがあるとのこと。

シャインオアレインは、撥水効果を持続するため乳化性の靴クリームだけを使用したお手入れが推奨されています

ただ、靴クリームにも少し溶剤が入っているので、新しいクリームが古いクリームを取り除いてくれます。クリームだけでも十分汚れが落とせます。

防水スプレーの使用についても、撥水レザー本来の撥水性を損なうので控えるよう、注意書きがされています。

購入してからずっと、モウブレイのシュークリームジャーでお手入れしてきました。今回も安定のモウブレイで靴磨きです。

革靴に靴クリームを塗り込む

モウブレイのシュークリームジャーは、革に養分が浸透しやすいクリームで、革の風合いを活かした自然な感じに仕上がります。落ち着いたツヤ感がちょうど良いです。

【あわせて読みたい】

M.モゥブレィ シュークリームジャーをレビュー【自然なツヤ感!】

コバにも忘れずにクリームを入れます(100均の歯ブラシを使ってます)。

靴クリームを塗ったら、豚毛ブラシでクリームを馴染ませます。

豚毛ブラシでブラッシング-jpg

ストッキングで余計なクリームを取り除きます。

靴を乾拭き-jpg

撥水効果を持続するため、ワックスを使用した鏡面磨きも控えたほうがよいとのことです。でも、ダメなのは分かりつつ、つま先だけワックス付けます(仕事用だし軽く)。

そして、これが靴磨き後のシャインオアレインです。

靴磨き語のシャインオアレイン

どうでしょう?十分な光沢ではないですか?

靴磨き語のシャインオアレイン
靴磨き語のシャインオアレイン

もう少し性能の良いカメラだったら分かるかもしれません……。実物はもっと光ってます。

【あわせて読みたい】

初心者向けの簡単靴磨きについて解説しています↓

⬆目次に戻る

2年半ちょっと経過後の靴磨き

さらに、履き込んで2年半ちょっと経過しました。

最近は、コロンブスのブートブラックやサフィールノワールのクレム1925で磨くことが多いです。

コロンブスのブートブラックでお手入れ

コロンブスのブートブラックシュークリームです↓

コロンブスブートブラック-jpg
ブートブラックは、ブラックの丸瓶がかっこいいですよね。

ブートブラックのクリームは、スコッチグレインの店舗でも販売されているようにスコッチグレインの靴と相性が良いように思います。

革への定着力があるため、しっかり着色して、しっとりとしたツヤ感に仕上がります。

ブートブラックで磨いた後です↓

ブートブラックで靴磨き後-jpg

【あわせて読みたい】

>>ブートブラック シュークリームをレビュー【黒が映える!】

サフィールノワールのクレム1925でお手入れ

サフィールノワールのクレム1925です↓

サフィールノワールクレム1925-jpg
おなじみの四角い瓶がおしゃれです。

ビーズワックス、カルナバワックス、シアバター配合で、油性なのに浸透力が抜群のクリームです。

そして、めちゃめちゃツヤが出ます(「ツヤ感」より「艶感」と表現したくなる光り方)

サフィールノワールクレム1925で磨いた後です↓

サフィールノワールクレム1925で磨いた靴-jpg

【おまけ】

もう1足所有しているブラウンのシャインオアレインもクレム1925で磨いてみたので、参考までにご覧ください。

茶色の靴をブラックのクリームでお手入れするという、かなりの冒険をしましたが、まあまあいい感じに仕上がりました。

そして、ツヤツヤです(いや、艶艶です!)

シャインオアレイン2773BRをクレムで磨いた後-jpg

こちらも約2年履いた状態です

【あわせて読みたい】

>>サフィールノワール クレム1925をレビュー【ダントツの光沢と抜群の浸透力】

⬆目次に戻る

シャインオアレインのエイジング|まとめ

撥水レザーであるシャインオアレインは、確かに最初のうちは、かなりマットな質感で、物足りない感じでしたが、1〜2年ぐらいガシガシ履いて、ちゃんと定期的にお手入れをしていれば、十分なツヤ感が出ます。

かといって撥水レザーの性能は全く問題ないですし、これまで雨で履いても浸水してきたことはありません。

これからもっと使い込んでいけば、まだまだいい感じになっていくのではないかと思います。

シャインオアレインおすすめの革靴です!

シャインオアレインの購入はこちらから↓

>>スコッチグレインの公式サイトはこちら

【あわせて読みたい】

シャインオアレイン関係の記事はこちら↓

>>全天候型革靴シャインオアレインの魅力を解説

>>スコッチグレインのシャインオアレインⅣを2年履いてみた感想

>>ブラウンのシャインオアレイン(2773BR)1年後レビュー

シャインオアレインをネットで購入する際は参考にしてください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA