【2万円で履ける】スコッチグレインアウトレットの黒のストレートチップ使用感レビュー

【2万円で履ける】スコッチグレインアウトレットの黒のストレートチップ使用感レビュー

日本の革靴ブランドの雄であるスコッチグレイン 。品質の良い革靴が3万円ぐらいから履くことができ、コストパフォーマンスが良いことでも有名です。

ただ、いくらコスパがよいとはいえ、3万円超の革靴をいきなり購入するのには勇気がいるという方もいると思います。

そこでおすすめなのが、アウトレットです。

私が所有するスコッチグレインアウトレットの黒のストレートチップが購入から1年半ぐらい経ちましたので、レビューしたいと思います。

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年の私が解説します。

  • 日本皮革製品メンテナンス協会『靴磨き知識アドバイザー』
  • サラリーマンの立場から仕事で履く革靴やお手入れのことなどを発信しています。プロフィールはこちら

スコッチグレインアウトレットストア

スコッチグレインのアウトレット品は、型落ち品やB級品、サンプル品などが販売されていて、1万5千円~2万円で購入することができます。

また、匠シリーズといって、アノネイ社やワインハイム社といった海外の有名な高品質なレザーを使用した革靴を3万円ぐらいで購入できるので、プレミアムグレードにラインナップされている「オデッサ」のように高品質の海外レザーを使った靴がほしいけど、なかなか手が出ないな…という方におすすめです。

スコッチグレインのアウトレットストアは、全国に4店舗あります。

  • 御殿場アウトレット店
    〒412-0023 静岡県御殿場市深沢1312 御殿場プレミアムアウトレット3375区
    アウトレットHP
  • りんくうアウトレット店
    〒598-8508 大阪府泉佐野市りんくう往来南3-28 りんくうプレミアムアウトレット1410区
    アウトレットHP
  • 佐野アウトレット店
    〒327-0822 栃木県佐野市越名町2058 佐野プレミアムアウトレット305区
    アウトレットHP
  • 土岐アウトレット店
    〒509-5127 岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2 土岐プレミアムアウトレット735区
    アウトレットHP

また、アウトレットストアは、実店舗だけでなくオンラインストアもあります。

実店舗から遠方にお住まいの方は、オンラインストアでの購入がおすすめです。

青森在住の私は実店舗には行ったことがありません。
アウトレットの革靴を2足持っていますが、どちらもオンラインストアで購入しました。

黒のストレートチップF0352BLの仕様

スコッチグレインF0352BL

スコッチグレインのアウトレットF0352BLは、黒のストレートチップです。

ウィズ(足囲)はシングルEで、シャープで比較的ロングノーズなデザインとなっています。

スコッチグレインのプレミアムグレードにラインナップされている「オデッサ」や撥水レザーを使用した「シャインオアレインⅣ」と同じ木型になります。

サイズは25.5cmです。

値段は、税込みで19,800円でした。

アウトレットとはいえ、スコッチグレインのちゃんとした革靴が、税込みで2万円弱で購入することができるなんて感動です。

ただし、アウトレットには、おなじみのプラスチックシューキーパーは付いてきません。

私がこの靴を購入した当時は、まだアウトレットのオンラインストアはなくて、アウトレット品は実店舗でしか購入することができませんでした。この時は、スコッチグレインのガレッジセールがコロナ禍で中止になったとのことで、急遽、公式オンラインストアで販売されることになったので購入することができました。

すでにジャストサイズのシャインオアレインⅣの25.5cmを持っていたので、この靴もサイズ感はバッチリです。

現在は公式サイトでいつでも購入することができます。

スコッチグレインオンラインアウトレットストアはこちら

アウトレットF0352BLのアッパー(甲革)

スコッチグレインF0352BL
購入して1年半の黒のストレートチップ
スコッチグレインF0352BL
仕事で履くので、鏡面磨きはほどほどにしてます。
スコッチグレインF0352BL
アウトレットとはいえ、結構、光沢がある革だと思います。

少し、履きジワが大きい感じですが、革質は全然問題ないと思います(2万円弱のグッドイヤーを購入できておいて革質を語るなよって話ですが…)。

1か月ぐらい前に油性の靴クリームであるサフィールノワールのクレム1925で磨き、10回ぐらい履いた状態です。

この日も1日履いて、馬毛ブラシでホコリを落としただけですが、良い感じに光沢があると思います。

初心者が揃えておきたい靴磨き道具については、こちらも参考にしてください↓

アウトレットF0352BLのライニングとインソール

スコッチグレインF0352BL インソール
ライニング

スコッチグレインの靴のライニング(靴の内側)はオールレザーです。
ムレ軽減のパンチ加工がされています。

私が持っているシャインオアレインより革が薄い感じがしますが、その分、軽くて動きやすいです。

ライニングの革が履き馴染んでくると、足袋を履いているような感じになります。

機動性が上がって、仕事の普段履きにバッチリです。

スコッチグレインF0352BL インソール

かかとのインソールは通常の靴より長くなっており、土踏まず付近まであります。

アウトレットF0352BLのアウトソール (靴底)

溝がないラバーソール
ソールは、テクノソール(溝がないラバーソール)です。

革底の履き心地に近くなるように作られたテクノソールです。スポンジを発泡させることで実現しているそうです。確かに、レザーソールを履いているような感覚です(歩いているとレザーソールみたいにコツコツと音がします)。

マイナスポイント(あえて言うなら)

革が薄くて少し固めかなという印象です。そこまで、大変だと思ったことはありませんが、固いので馴染むまで少し時間がかかります。

アッパーのところでも書きましたが、履きジワも深く大きく入る感じです。

ただ、安物の靴のように、変なところ細かいシワが入るような革ではないですし、2万円弱でグッドイヤーの靴ということ考えれば、全く問題ないレベルです。

1年半ほど履いた感想

週2(ときどき週3)の頻度で、かなりハードに履いてますが、さすがスコッチグレインです。まだまだ余裕で履けそうです。

なにより、私の革靴選びのポリシーである、ちゃんとしているけど、いだわしぐなくガシガシ履けるっていうのが一番ですね。
津軽弁でもったいなくないという意味です。

革靴初心者でスコッチグレインを試してみたい方、私のように、そこそこちゃんとしているけどガシガシ履ける革靴がほしい方には、スコッチグレインのアウトレットはかなりおすすめです。

私は今のところ、雨の日用も含めて革靴のローテーションが揃っている状態なので、追加購入はまだ先になりそうですが、次は、匠シリーズのダブルモンクストラップやUチップに挑戦してみたいと考えています。

匠シリーズのダブルモンクストラップ
フランスのアノネイ社製の高級カーフを使ったダブルモンクストラップです。

スコッチグレインアウトレットHA9100BL(公式)
画像引用:スコッチグレインオンラインアウトレットストア

アウトレットのUチップ(ウィズ(足囲)は3Eです)

スコッチグレインアウトレットF3789BL(公式)
画像引用:スコッチグレインオンラインアウトレットストア

【あわせて読みたい】

スコッチグレインをネットで購入する方は参考にしてみてください↓

アウトレットで購入したブラウンのパンチドキャップトゥのレビューもよかったらご覧ください↓