【雪道対応ソール】リーガル811R BBPをレビュー…防滑で冬でもガシガシ履ける本格革靴を解説

【雪道対応ソール】リーガル811R BBPをレビュー…防滑で冬でもガシガシ履ける本格革靴を解説

日本の紳士靴メーカーとしてはおなじみのリーガル。そのリーガルで販売されている雪道対応ソールを使った革靴が811R BBPです。

811R BBPは雪道対応ソール以外にも、アッパー(甲革)にガラスレザーが使用されているので悪天候でも安心して履くことができます。

この靴を履いて3シーズン経過しましたので、使用感やサイズ感などをレビューし、おすすめポイント・マイナスポイントなどを解説したいと思います。

冬でも履ける本格革靴を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

811RBBP(公式)-jpg

画像出典:リーガル公式オンラインショップ

✔リーガル811R BBPの仕様

定価28,600円(税込み)
デザイン内羽根ストレートチップ
革の種類ガラスレザー
製法セメンテッド製法
ソール(革底)ラバーソール
(雪道対応ソール スノーホールド)
ウィズ2E
特徴・ほどよい丸みのあるスタイル
・軽量で履きやすい作り

【この記事を書いた人】

みたらしとーさん
みたらしとーさん

革靴歴約25年のサラリーマンが解説します。

リーガル811R BBPの基本情報

ガラスレザーの靴お手入れ後-jpg

日本の定番紳士靴ブランド リーガルで販売(ブランド解説)

リーガルとは?

REGAL-mens-official-jpg
画像出典:REGAL CORPORATION公式サイト

日本の紳士靴メーカーとしてはおなじみのリーガルです。

リーガルは、100年以上の歴史を持つ明治35年創業の靴メーカーで、「REGAL SHOES」を中心に、全国で約200店舗強を運営している日本のサラリーマンの定番ブランドです。

国内にある自社工場で作られる革靴は、高品質なのにコスパが良いことで有名です。

日本のサラリーマンにはおなじみですよね。コスパが高く使いやすい様々な靴が販売されています。

>>リーガルの公式サイトを見てみる

リーガル811R BBPの仕様

定価28,600円(税込み)
デザイン内羽根ストレートチップ
革の種類ガラスレザー
製法セメンテッド製法
ソール(革底)ラバーソール
(雪道対応ソール スノーホールド)
ウィズ2E
特徴・ほどよい丸みのあるスタイル
・軽量で履きやすい作り
811RBBP(公式)-jpg
811RBBP(公式)-jpg

画像出典:リーガル公式オンラインショップ

【ちょっと補足】

雪道対応ソール スノーホールドとは?
針状の酸化亜鉛単結晶体「パナテトラ」を配合していて、凍った路面をひっかき粘る効果があります。
縦横にスリットの入ったブロックが、雪道などで滑りにくい構造となっています。
※「パナテトラ」は株式会社アムテックの登録商品です。
ガラスレザーとは?
ガラスレザーは、「ガラス張り革」とも呼ばれ、原皮を平らなガラス板に貼り付けて乾燥させて、塗料や合成樹脂で表面を均一に仕上げた革です。
樹脂などでコーティングしているため、お手入れが簡単で水に強いというメリットがありますが、革靴特有のエイジングが楽しめないというデメリットがあります。

⬆目次へ戻る

リーガル811R BBPレビュー

ガラスレザーのエイジング

アッパー(甲革)

アッパーはリーガルではおなじみのガラスレザーです。樹脂コーティングされた革のため雨や雪など悪天候でも気にせず履くことができます。

製法はアッパーとソールを接着剤で圧着したセメンテッド製法を採用しており、コバからの浸水も心配ありません。

ガラスレザーの靴磨き後-jpg

ガラスレザーなのでクリームで軽く磨いただけで、結構な光沢が出ます。

ガラスレザーの靴

ガラスレザーは本格革靴の醍醐味であるエイジングが楽しめないので、革靴好きの方から敬遠されがちですが、個人的にはガラスレザーにも特有のエイジングがあると思っています。

ちゃんとお手入れをしていれば、ガラスレザー独特の経年変化が楽しめますよ。

【あわせて読みたい】

>>ガラスレザーのエイジングを楽しむ

ライニング

ライニングは、かかと部分はレザーですが、真ん中からつま先までの部分は布が使用されています。

リーガル811RBBPのライニング

オールレザーではないのが少し残念ですが、リーガルは高いグレードでなければオールレザーにならないのでしょうがないですね。

布のライニングは革よりムレにくいといわれますが、汚れやホコリが付きやすいところがたまにキズ……。

3シーズン休まず履いてきたこともあり、奥の方に結構な汚れやホコリが付いています。

リーガル811RALのライニング-jpg
お見苦しいので自主規制です。

かかと側のライニングとインソールはレザーになっています。

811RBBPのインソール-jpg

革靴は、履き込んでかかとのインソールが飴色に変色していくのがいいですよね。

ライニングの汚れについて

3シーズン履いて汚れが結構付いていましたが、ゴシゴシ拭いて布が破れてしまってもイヤなので、しばらくそのままにの状態にしていました。

どうにかキレイにできないかと思い、試しに靴の宅配クリーニング店に靴の丸洗いを頼んでみたところ、すっかり汚れが落ちました。

リーガル811RALのライニング(クリーニング後)-jpg
宅配クリーニングに頼んだ後の靴の中(自主規制解除!)
リーガル811RALのインソール(クリーニング後)-jpg
インソールもすっきりキレイになりました。

なにより3年ハードに履いて気になり始めていた靴のニオイが解消されたのに感動しました。

今回頼んだ靴の宅配クリーニングは「Kutoon Wash(クトーンウォッシュ)」です。

Kutoon Washは靴が届いてから原則、2営業日で返送してくれるので、手軽に靴クリーニングを頼むことができます。

靴の汚れやニオイが気になっている方は、靴の宅配クリーニンがオススメです。

【あわせて読みたい】

>>【革靴を洗う】靴の宅配クリーニング「Kutoon Wash」の体験レビュー

>>革靴を宅配クリーニングに頼むならどこがオススメか調査してみた【6社を徹底検証】

ソール

雪道対応ソールのスノーホールドが使われています。「パナテトラ」配合で雪道でも安心です。

811RBBP(公式)-jpg

グリップ力があるので、凍結路でも滑らずに歩くことができます。

811RBBPのソール-jpg
3シーズン履いたので溝が結構すり減ってきています。

雪道対応のソールなのに薄くてスマートなソールのため、横から見ても普通のラバーソールと変わりません。

811RBBPのソール横から-jpg

雪がない場面で履いていても違和感なく普通に履けます。

ただし、デメリットのところでも書いていますが、グリップ力を増すために柔らかい素材が使われているため雪道以外を歩くとソールが減りやすいです。

通年で履きたいところですが、少し注意が必要です。

サイズ感

811Rシリーズの木型(靴の形)は細身でもなく丸くもなく、平均的でオーソドックスなデザインです。ウィズもリーガル定番の2Eなの履きやすいと思います。

普段履いている革靴のサイズは25.5cmですが、この靴も25.5でジャストサイズでした。

✔私がZOZOMATで計測したサイズ

  • 足長:左 25.9 右 25.8
  • 足囲:左 25.1 右 25.3

✔JIS規格のサイズ表 ※日本の革靴はおおよそこの規格に準じてサイズが作られています。

足長EEEEEEEEEE
23.5cm23.424.024.625.2
24.0cm23.724.324.925.5
24.5cm24.024.625.225.8
25.0cm24.324.925.526.1
25.5cm24.625.225.826.4
26.0cm24.925.526.126.7
26.5cm25.225.826.427.0
27.0cm25.526.126.727.3
引用:JIS規格(日本工業規格 JIS S 5037:1998)※筆者抜粋

私の足のサイズをこのサイズ表に当てはめると「25.5cmのEE」、「26.0cmのE」、「26.0cmのEE」ということになるので、JIS規格のとおりのサイズ感でほぼ合っています。

セメンテッド製法のためグッドイヤーウェルテッド製法のように履き込んでインソールが沈み込むという感覚はありませんが、革が馴染んでくると緩くなるのでタイトフィット目で購入してもよいと思います。

⬆目次へ戻る

リーガル811R BBPのおすすめポイント・マイナスポイント

クレム1925を塗ったあとのガラスレザーの靴-jpg
おすすめポイント
マイナスポイント
  • 防滑ソールで雪道でも安心
  • ガラスレザーでお手入れが簡単
  • 軽量でソフトな履き心地
  • 雪道対応ソールはすり減りやすい
  • ソール交換に制限がある

おすすめポイント

防滑ソールで雪道でも安心

何度も出てきますが、グリップ力のある雪道対応ソールにより凍結路でも滑らずに歩くことができます。

ガラスレザーでお手入れが簡単

樹脂コーティングされたガラスレザーのため汚れやホコリが付きにくいですし、多少の汚れは軽く水拭きしてあげるだけで簡単に取れます。

※ガラスレザーのお手入れは水拭きだけでよいという意見もありますが、普通の革靴と同様に定期的にクリームでお手入れすることをオススメします。

【あわせて読みたい】

>>ガラスレザーのエイジングを楽しむ…オススメのお手入れ方法も紹介

軽量でソフトな履き心地

セメンテッド製法ということもあり、軽くて履き心地もソフトな感覚。

普段、グッドイヤーウェルテッド製法の靴を履かれている方には物足りないかもしれませんが、その分雪道などの悪路でも歩きやすいです。

811R BBPの重さ-jpg

重さは700グラムでした。

同じように計ったスコッチグレインのシャインオアレイン、バーウィックのプレーントゥが900グラムでしたので200グラムほど軽いです。

たかが200グラムかもしれませんが、雪道や長時間歩いてみると違いが分かると思います。

マイナスポイント

雪道対応ソールはすり減りやすい

雪道対応ソールはグリップ力を優先しているため、通常のラバーソールより柔らかく減りやすくなっています。

ソールがスマートなため通年で履きたくなりますが、雪道以外をずっと履いているとすぐにソールがすり減ってしまうので注意が必要です。

【雪道対応ソールに関して】
滑りにくいという機能を優先している為、一般的なソールと比較して素材が柔らかく、降雪のない状態での着用では磨耗が早い傾向があります。

リーガルオンライショップ

ソール交換に制限がある

セメンテッド製法のため何度もソールを張り替えて履くことができません。

公式サイトでは、オールソール(ソール交換)は1回のみとされています(ヒール部分は何度もOK)。

ソールが柔らかく減りやすいのに、ソールの張り替えができないのはマイナスポイントです……。

ただ、リーガルの純正パーツでの交換ができないだけで、靴のリペアショップに持っていけばソール交換は可能だと思います。

この点については今後、検証していきたいです。

⬆目次へ戻る

リーガル811R BBPのおすすめ購入方法

リーガルショップ店舗(公式)-jpg
画像出典:REGAL CORPORATION ブランド 公式サイト

革靴はサイズ感が重要なので、店舗で試着して購入するのが一番です。

ただ、私のように田舎地方に住んでいて店舗が近くにないとか、店員さんに見られながらだとじっくり選べないという方はネットで購入するのをオススメします。

リーガルの靴をネットで購入する場合のオススメは以下の2つです。

  • リーガル公式オンラインショップ
  • Amazon(Amazon Fashion)

試着ができないネットでの購入では、返品や交換が簡単(できれば無料)にできるかどうかが重要です。

上記の2つは、どちらもサイズ違いやデザインが気に入らないなど、購入者の都合による返品・交換も送料無料で対応してくれます。

リーガル公式オンラインショップ

リーガル公式オンラインショップのメリット
  • 製造から出荷まで全工程を管理していて安心の品質
  • サイズ変更や返品が何回でもOK!商品返送にかかる送料も無料
  • リーガル公式のため品切れが少ない

オンラインショップで選んで、指定の店舗で試着して購入する方法もできます。

デメリットとして、定価販売のものが多く価格面で楽天やAmazonなどの他のネットショップの方がお得に購入できる場合がある点です。

リーガルは定期的にセールなどを行っているので、タイミングが合えばお得に購入できる場合もあります。

>>リーガル公式オンラインショップはこちら

アマゾン(Amazon Fashion)

AmazonのAmazon Fashion(アマゾン ファッション)は、購入後30日以内であれば、返品・交換が無料です。

アマゾンファッションのメリット
  • 購入後30日間返品可能
  • 返品、返送料無料(一部条件あり)
  • 色違いサイズ違いも在庫があれば無料で交換可能

>>Amazon返品手順

Amazon Primeの会員であれば試着もできます。最初からサイズ違いの靴を3足ぐらい取り寄せて、サイズが合う靴だけ購入して返品するという方法も。

注意点としては、商品の中に「Amazonマーケットプレイス」と呼ばれる一般の出品者が販売する商品があり、返品不可の場合があります。

Amazonが直接販売しているか、返品可能かどうか、購入前に画面で確認しましょう。

楽天などの他のネットショップは?

楽天やyahooショッピングなどのネットショップも、リーガルの靴をお得に購入できます。

ただし、販売しているショップによっては返品に送料がかかったり、そもそも返品ができなかったりする場合があるので注意が必要です。

デザインやサイズ感が不安な場合は、注文する前に返品ができるかどうか、送料はかかるかなどを調べてから購入することをオススメします。

【あわせて読みたい】

革靴をネットで購入する際に失敗しない方法を解説しています。

>>革靴をネットで購入する際の悩みを解決

⬆目次へ戻る

まとめ|リーガル811R BBPは防滑で冬でもガシガシ履けてオススメ

この記事では、リーガルの雪道対応ソールを使用した「811R BBP」をレビューしました。

リーガル811R BBPは防滑ソールで雪道でも安心なのはもちろんのこと、アッパーにガラスレザーが使われているので雨などの悪天候でもガシガシ履くことができます。

降雪地域にお住まいの方で冬季間も革靴を履く必要がある方は、ぜひお試しください。

【あわせて読みたい】

雪道にオススメの本格革靴を解説した記事です。

>>雪国サラリーマンが防水・防滑の本格革靴を解説

リーガルのガラスレザーは普通にオススメです。

>>【侮るなかれ】いざという時の革靴はリーガルのガラスレザーがおすすめ

ガラスレザーにおすすめのケア用品を解説しています。

>>ガラスレザーの革靴におすすめのケア用品4選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA